住宅ローン アドバイス!住宅ローンの基礎知識、お勧めのフラット35、借換え相談のご紹介!

住宅ローン アドバイス TOP | 住宅ローンを組む |  住宅ローンの負担を減らす |  住宅ローンの金利 |   フラット35の解説 | 

私の年収で組めるローン

皆さん年収返済比率って知っていますか?
銀行などの金融機関が、 その人の年収から計算されるローンの返済負担率は、返済可能額の目安ともなる大事な数字です。
そお値の標準値として、多くの場合、25%と言われますが、なぜそういわれているのでしょう??

例えば、年収1000万円の人が、30年3%のローンで借り入れられるは額だいたい5900万円。かたや、年収600万円の人が、30年3%のローンで借り入れられるは額だいたい3500万円。都心のワンルームマンションと言ったところでしょうか。年収300万円の人は1660万円しか借入できません。これでは、頭金を相当貯めないと郊外のファミリー物件も買えません。

基準は 25%と言われていますが、「25%」というのは35年返済で借りた場合のひとつの目安です。民間金融機関は一般的に35%とするところもあるようです。しかし、多くは年収で以下のような目安もあり、やはり一概には言えません。
フラット35の返済負担率の基準

年収 300万円未満 300万円以上
400万円未満
400万円以上
700万円未満
700万円以上
返済負担率 25%以下 30%以下 35%以下 40%以下

金融機関では、貸出審査の時、年収から、この返済負担比率で審査をします。以上のような目安はあるものの、借入の審査で、返済比率が35%を超えると、審査の通過が難しいとも言われ、まして40%を超える融資はしてもらえません。
一般的に25%といわれるのは、25%以下であれば、優良な案件と判断される為かもしれません。

それでは、実際、30%でどの程度の住宅ローン資金が借入できるのでしょう?
35年払いの金利は3%、ボーナス払いなしで計算してみます。

年収 月々の負担 借入可能 総支払額 頭金(二割) 住宅価格
300万円 7万円 1818万円 2938万円 363万円 2181万円
400万円 10万円 2598万円 4199万円 519万円 3117万円
500万円 12万円 3118万円 5039万円 623万円 3741万円
600万円 15万円 3897万円 6298万円 779万円 4676万円
700万円 17万円 4417万円 7139万円 883万円 5300万円
800万円 20万円 5196万円 8398万円 1039万円 6235万円
900万円 22万円 5716万円 9238万円 1143万円 6859万円
1000万円 25万円 6496万円 10499万円 1299万円 7795万円

どうでしょう?月々の負担額と借り入れ可能額、頭金と総支払額で、購入可能な住宅の価格を算出しました。参考になりましたでしょうか??
▼お勧めの住宅ローン
■住信SBIネットバンクの住宅ローン
新規でも借換えでも金利・返済・保険共に高いスペックで、ローン利用者をサポート!
■新生銀行の住宅ローン
ローンの種類も豊富で、顧客満足度も高い!新生銀行「住宅ローン」まずは資料請求から。

|  運営者情報・免責事項 |

  Copyright(c)2008 住宅ローン アドバイス! All Rights Reserved.